Thursday, January 5, 2017

「寒の入り」爬虫類人行事のオンパレード



爬虫類人のたるんだアゴ。


裸で列を成し練り歩く。人食い爬虫類エイリアンが神として祀られている神社まで、奉納する食べ物(人間の赤ちゃんや子供達も含む)や、お酒を持参する。さぞかし爬虫類エイリアン達は喜んだ事だろう。

上空には、光の銀河連邦のスペースシップが目を光らせている。

爬虫類人のウロコ肌がシミと成って皮膚に現れている人食い坊主。

冷たい水を浴びる前に、手が巨大化。

水上スキーの爬虫類ボーイの長過ぎる指。

人間ホログラム失敗。爬虫類人の手が露呈。

火の見やぐらで水を浴びた爬虫類消防団員の目。

2 comments:

  1. 東北のこけしを えじこと言うこともあるそうで、調べましたら、やはり人食いとつながりました。
    http://orijin-asia.jugem.jp/?eid=54

    餌食からきている可能性もあります。
    そもそもこけしは、餌食になった子供達を慰めるものかと。
    もともと、米をいれておく物をえじこと言うらしいです。


    ReplyDelete
    Replies
    1. 「こけし」って、もろそんな感じですよ。食べられてしまった子供達の霊をなぐさめるために家に置いておく。旧家で「こけし」がやたらと多く飾られている家って、相当の数の子供達を、神と崇められた人食い爬虫類エイリアン達に奉納したという事でしょうね。特に福島近辺にこけしが多く置かれてますね。こけし=子消し。

      Delete