Monday, December 19, 2016

米国爬虫類軍事支配が音を立てて崩れ去る様子 Pax Americana終焉の時代

ジョン・マケインは米国爬虫類組織のトップ。2代人食いレプティリアン大統領を輩出したブッシュ家の子分だ。彼がシリア&ウクライナの内戦のために暗躍したのは有名だ。彼はシリアで殺されたばかりの敵の心臓を食べたISIS軍の上官とも、直々に会っている。


赤矢印の男が敵の心臓を食べたISISのレプとマケイン。

上のISISのレプが敵の心臓を取り出し食べているところ。Youtubeビデオで何百万人もの人々が、この人食いビデオを見た。

ジョン・マケインのキモいトカゲのアゴのたるみ。


http://www.cnn.com/2016/12/18/politics/john-mccain-russia-hacking/index.html

そのジョン・マケインがCNNで、トランプはロシアが民主党をサイバー攻撃(ハッキング)する事により勝利した。トランプは明らかにロシア側であり、今までの伝統的な米国大統領の爬虫類軍事組織のNATO側では無い。

この事実は、第二次世界大戦後の(人食い爬虫類組織イルミナティの)世界秩序が崩壊する事を意味する。第二次世界大戦後の歴史的に最も平和だった時代の終焉を意味する。(マケインの言葉引用終わり)。

もちろん、彼の言う「最も平和だった時代」というのは嘘であり、マケインを初め爬虫類組織CIAは、米国内だけでなく、世界中の他の国々を軍事干渉したのは明らかであり、すべての国々の内戦は、CIAのエージェント達によって始められたと言って良い。ベトナム戦争を初め、カンボジア、南米の国々、イラク、リビア、シリア、ウクライナ等々、CIAの起こした内戦は数え切れない。

しかし、マケインの言葉から感じられるのは、米国爬虫類組織主導の世界秩序が終焉を迎えるための悲壮さだ。ブッシュ家はCIAの頭として、ケネディー暗殺にも携わった。911インサイダーテロの主犯でもあった。

しかし、ロシアのプーチンがトランプを操るならば、911テロは米国政府インサイダーの仕業と情報を世界中に流したプーチン側により、ブッシュ一族が犯罪者として逮捕される可能性も高くなるだろう。

ではなぜ、人食い爬虫類組織イルミナティがトランプを応援したのか?トランプが生粋の人食いレプティリアンの遺伝子を持っているからか?ヒラリーとトランプを比べて見れば、トランプの方が操り易いと考えたからなのか?

トランプ支持を表明したのは、イルミナティのトップのヘンリー・キシンジャーだったという。

しかしキシンジャーの組織でさえ、トランプに関して、思ったよりもコントロールできていないというのが現状の様だ。キシンジャーにでさえ、トランプとロシアの関係を断ち切る事はできなかったらしい。これ以上、トランプとプーチンが近い関係にならない事を願うしか手立ては無いそうだ。

以前にも述べたが、ロシアは伝統的に、世界の人食い王族・貴族・皇族爬虫類人達から成る組織イルミナティの敵だ。007の映画を見れば、イギリス王族のスパイエージェント007のターゲットとなる敵は、常にロシアだった。

その敵となるロシアが、次期大統領トランプのバックに付く。それは人食い組織イルミナティによる、米軍&NATO軍(爬虫類軍)の世界支配の終焉となる。

ちなみにトランプの人食い爬虫類色は強い。彼の国務長官として任命したエクソン・モービル会長の名前はRex Tillerson。Rexとは恐竜という意味だ。つまり人食い爬虫類エイリアン。Rexと英語で画像サーチしてみれば、Rexとは恐竜という意味だと、すぐに分かるだろう。

米国爬虫類軍支配 Pax Americana終焉は、ガラガラと音を立てて崩れ去っていく模様だ。

フィリピン大統領も「バイバイ!アメリカ」だそうだ。アメリカから金も要らないし、米軍もフィリピンには要らない。すぐにでも、米軍には出て行ってほしいらしい。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000090338.html



この調子で、世界中に駐留している米軍やらNATO軍やらの人食い爬虫類軍が、それぞれの国々から、追い出される日は近い。

4 comments:

  1.  地球を支配していた悪魔(きっと三次元よりは上の次元にいると思います。)が、直属の部下を今までのユダヤ人勢力(えせユダヤとか、12氏族とかよくわかりませんので、一般に言われているユダヤ人のことです。)から、プーチン勢力に変更しただけのことかなと思うのです。
     今までのユダヤ人勢力は、オバマ大統領でかなり力が削がれたので、使い物にならないから、直属をすり替えた。しかし、ユダヤだってトップではないけれど、この体制で甘んじていれば、支配層でヌクヌクできるのだろうなと。だから、文句を言いつつも、トランプ指示なのかなって感じています。
     手塚治虫さんだって、お名前が“おさむ”なら“治”が普通なのに、なぜ虫をつけたのか?しかもプロダクションは虫プロダクションって名前です。リボンの騎士はユダヤの悪と戦うサファイヤのヒロイン物語ですが、まあ、色々なユダヤ支配のことがちりばめてある、ある意味、暴露作品です。
     ゲゲゲの鬼太郎(白黒バージョン)の終わりの歌、「おばけの鬼太郎、たたえる虫たち…」。
     大化の改新は、聖徳太子末裔一族や蘇我氏を物部氏が中心になって、バカな藤原鎌足を炊きつけて起こした政変でしたが、虫殺し(645年)と年号を覚えました(汗)。

     手塚さんも、水木さんも大好きですが、バックには虫系がいたかと思われます。ケネディー大統領やオバマ大統領のバックにもユダヤがいたのと同じパターンかと思っています。
     プーチンは死刑執行人(?)のラスプーチンの孫。家系はイルミを存続させるために汚いこと請け負ってきた家系です。誰の下に付いたからと言えば、ユダヤかしらとも思っています。

     ちなみに、地球の生命の中で、一番数が多いのは昆虫(微生物は除く)だそうです。確か8割くらいかな?まあ、単位が小さいですからそうなんでしょうが(http://zatugakuou.blog.so-net.ne.jp/2014-05-13)。

    ReplyDelete
    Replies
    1. まじめちゃんさんのコメントを拝見して、虫って興味深いなあと改めて思いました。

      虫自体が地球で誕生した生命体じゃないらしいですよね。今や地球に一番多いとは!
      ミツバチがいなくなったら作物が実らなくなり人類は餓死する説がありますね。
      もしかして、近年ミツバチが凄く減っているのは、レプ組織が殺しているのかも!

      虫といえば天使が蝶の姿で現れることがありますが、悪魔はゴキの姿で現れてるのではと疑っています(-_-;)あのおぞましさは何度見ても見慣れることなく「うわあああ!!!」(;゚Д゚)

      手塚治虫は昆虫採集が趣味でオサムシという虫とかけたペンネームで、最初はおさむし読みだったそうです。
      おじいさんが父方が司法官、母方が陸軍中将だからレプの家系でしょうね。
      作品を読むと、この人天才だなと思うような話がいくつもありますね。
      独自の発想だけでなく、当時の一般に出回らない情報を知っていた可能性があるかもですね。
      レプの家系でも、光側の存在であって欲しいなあと思っています。三次元では故人ですが。

      私事ですが最近、あまり見慣れないタイプの虫がじーっとこちらを見ていることがあります。
      もしかして、虫の形をしたレプ組織の監視役なのかなと…。
      ゴキの形してたら100%「うわあああ!!!」(;゚Д゚)になりますが、微妙な見た目。
      子供の頃、毎週日曜日に家に来るカナブンがいたので、そういうほのぼのした虫だったらいいんですけどね(´ω`)

      Delete
    2. 小池知事が確かハロウィンでリボンの騎士のコスプレでしたね。なるほどです。

      Delete
    3. 米国のテレビクイズ番組で「スネーク(ヘビ)は、一体、何類に属するのか?」という質問があって、答えは「虫類」でした。そういえば、爬虫類という言葉にも「虫」が入りますからね。

      Delete