Wednesday, December 28, 2016

ルーマニアの爬虫類人種ユダヤ人居住地で大規模な地震

ルーマニアの爬虫類人種ユダヤ人居住地Focsani近辺で、マグニチュード5.6の一掃による揺れが観測された。

ユダヤ人居住地Focsaniは、シオニスト組織の大会合が開かれた事で有名だ。世界中から、32の組織の51人の代表が集まったらしい。それだけFocsaniが、人食いユダヤ人達の拠点になっているという証拠。
https://en.wikipedia.org/wiki/Foc%C8%99ani

ルーマニアと言えば、ドラキュラ伯爵で有名な国だ。そう、人間の血を飲み、人間を食ったドラキュラ伯爵。人間の生血を飲むユダヤ人達はドラキュラと言って正解だ。彼等の集まるシナゴーグには、多くの人間の子供達の死体がブラ下がっているらしい。その子供達は、首を掻き切られ、血を抜かれた子供達の死体だ。その抜かれた血は、ユダヤ人達が飲んでいる。

下のYoutubeは、ユダヤ組織の有名ラビ(説教師)が告白したユダヤ組織による年間30万人もの人間の子供達の殺人行為。彼等が飲むための生血のために、多くの子供達がユダヤ人達に殺されているという事実。そう、ユダヤ人=ドラキュラ。


上のビデオには、ユダヤ組織が人間の子供達に麻薬を売り、常習化させ、麻薬が必要になった子供達を奴隷に様に扱っている事実も語られている。そう、麻薬を組織的に売っているのは、ユダヤ組織なのだ。

麻薬を売っているチンピラを見ると、ヤクザや暴力団が麻薬の商売をしている様に見えるが、実際には暴力団、そしてマフィアのトップはユダヤ人達なのだ。

今日、ハイウェイを運転していたら、長い車列がハイウェイ脇の道にあり、一体、何が起きているのかチラッと見てみた。すると交通事故では無く、長い車列の先頭の車が停まっており、その中に居た太ったユダヤ人らしき初老の男が意識を失っていた。どうやら運転中に脳卒中やら心筋梗塞になり、意識を失ったらしい。ドアは開いており、ある人が、その男の意識を取り戻そうと体を揺さぶっていた様だった。

そう、子供達を殺して血を抜き、自分達の飲料としていたユダヤ人達。子供達に麻薬を押し付け奴隷化していたユダヤ人達。毎日、死んでいっているのだ。カルマ?それとも光の銀河連邦による浄化?

私自身が、極悪爬虫類人達が死ぬ場面に遭遇したり、爬虫類人秘密地下基地が一掃され、高々と黒い煙を上げている場所に出くわしたりする確立は高い。光の銀河連邦が私に見せてくれているのだ。記事で皆様に、ご報告できる様に。

関連記事

ドラキュラの名前の意味はドラゴンの息子 血に飢えた人食いドラキュラの真実


4 comments:

  1. お疲れ様です
    地球の大掃除はいつ終わるのでしょうか?
    銀河連邦さんはそれらしい情報をどこかで開示していませんか?
    個人的には春 桜の季節までに終わらせてほしいなと思ってます。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 早く終わらせてほしいですよね!

      Delete
  2. 爬虫類制裁は以前より確実に加速、大規模になっていると思いますね。
    大火事や地震、有名人の死も多く、テレビや映画に出ている人が以前よりシェイプシフトしやすくなっている様です。
     普通に映像ニュースなどに出る人がものすごいデカ目になっていたり。皮膚が爬虫類色やイボイボ、首に筋が多すぎたり。今まで隠してた悪事がばれて罰せられたり、炎上したり。悪が隠せなくなってきているんですね。大掃除もっともっとやれ――。

    ReplyDelete
  3. マンガ本のジャンプに約束のネバーランドと言うマンガが連載されてるんですが、この世そのままです。
    施設で育つ子供達が頭の悪い子から連れて行かれた先で鬼に殺されます。
    あからさま過ぎて…

    ReplyDelete