Saturday, December 17, 2016

テネシー州ガトリンバーグで何千というレプティリアンの家々が焼かれていた



先月の末、レプティリアン居住地のテネシー州ガトリンバーグが光の銀河連邦に焼かれたとお伝えしたが、その時には、あまり被害状況が明らかでなかった、または政府によって隠されていた。そのために、どれくらいのレプティリアン達の家々が焼かれていたのかは、あまりクリアではなかった。

そして今日たまたま、上のビデオに出くわし、何千もの人食いレプティリアン達の家々が焼かれていた事が判明した。政府は、わざと被害状況を隠していたのだろう。上のビデオを見れば一目瞭然だが、ただの山火事では無い!人食いレプティリアン達の家々が、光の銀河連邦によって、故意に焼かれたのだ。

下の画像、山々の見晴らしの良い場所に建っている人食いレプティリアン達の家々。すべて焼かれている。

注目してほしいのは、家々を取り巻く木々が焼かれていない事。ただの山火事だったら、木々も燃やされているだろう。


テネシー州ガトリンバーグは、グレートスモキー・マウンテン国立公園へのゲートウェイの町であるが、何回もブログで述べているが、国立公園は土地利用、または人間の立入りの規制をするための爬虫類人秘密地下基地の表面施設である。

しかもその周辺にはエリア51と同様の巨大なエイリアン秘密地下基地が存在する事で有名だ。そのエリアの見晴らしの良い山の上に住んでいるのは、人間達では無く、人食い爬虫類人達だというのは、簡単に想像できるだろう。

No comments:

Post a Comment