Sunday, December 11, 2016

ローカルな食べ物が一番良い!輸入品&輸出品には栄養素はほとんど無い

https://www.youtube.com/watch?v=tA04SrkNLWA&list=UUGCZAYq5Xxojl_tSXcVJhiQ

農産物を輸出すると言うけど、ハッキリ言って、収穫してから何日も経った農産物って、栄養価が低い。採り立ての果物や野菜が一番に決まっている。収穫してから、日にちが経てば経つほど、栄養価が減る。

家庭菜園をした人々なら知っているが、たとえばレタス。家庭菜園で採ったばかりのレタスの芯からは白いミルクみたいな液体がレタスから出てくる。それだけ粋の良いレタスという事だ。それがしばらくすると赤くなる。それだけ古くなったという事だ。

その上に、ローカルに収穫された農作物は、地元の人々に適した農作物になっている。わざわざ他の国々から輸入された食べ物には、その地元の人々に必要な栄養素は、ほとんど無い。

小泉君からは、そんなに悪い波動は感じられないが、一応、縦線目を持つ爬虫類人で~す!それなりに地球にミッションを持ってやって来た善の爬虫類人かもしれない。

3 comments:

  1.  実は、小泉純一郎さんからも、あまりひどいオーラを感じないのですよね(汗)。
     しかし、結果としては、最悪の日本へとリードした感じです。
     まあ、中曽根さんや小渕(のバカ;群馬の地元ではそう言われていました。)さんたちによって、最悪のシナリオ発現のお膳立てができたところにお鉢が回ってきた小泉さんって感じです。何と言ってもアメリカ側のパートナーがブッシュですから、気の毒といえば気の毒です。
     しかし、郵政民営化は極悪です。アフラックへ郵便局を売り飛ばした罪は重い!

    ReplyDelete
  2. 家庭菜園やってます。
    ミントティなんかは輸入物の乾燥茶葉よりも清涼感があります。
    また輸入に際してたくさんの農薬や腐敗止めもふりかけます。
    そういった意味では地場産の食べ物最強です。
    食べ物は土の市や地場産市でしか買わなくなりました。

    ReplyDelete
  3. まじめちゃん様
    右に同じでございます。

    ReplyDelete