Sunday, March 20, 2016

売っているボトルの水に神経毒のフッ素


私のいつも買って飲んでいる水は、フロリダ州の湧き水をボトルに入れてあるZephyrhillsだ。会社はネッスル。ネッスルというと、もちろん爬虫類組織イルミナティの会社だ。でも、すべての会社が爬虫類組織であり、人間の経営している会社は地球上には、ほとんど存在しない。

Zephyrhillsは、ネズミ殺しの餌の主要成分である神経毒のフッ素が0.07&0.13だ。意味が良く分からないが、両方の数字が高ければ高い程、フッ素が入っていると解釈していいだろう。他のブランドと比べて、まあ平均的な数字。

上の写真で一番危険なボトル水はFIJI 0.29。他のテストでも1番フッ素が入っているブランドだった。日本にも売っているだろうFIJI。値段は結構、高いはずだ。こちらでもFIJIの値段は高い。高いお金を出して、わざわざフッ素という毒を食らう必要は無い。

2番目にフッ素度が高いのがニューメキシコ&アリゾナ州辺りで売られている湧き水のボトルArrowhead 0.10&1.30。湧き水自体にフッ素が存在するというよりも、ワザと入れてある可能性の方が高いだろう。

次に危険なのがクリスタル・ガイザー(Crystal Geyser)だ。カルフォルニア州で一番高い山のマウント・ホイットニーの辺りから取れる湧き水らしいが、フッ素度が高い。わざと入れてあるに違いない。0.09&0.74だ。この水は、米国ではダラーストアー(百円ショップ)に売っている。貧乏人達をフッ素で殺そうという企みだろう。

Crystal Geyserは日本にも売っているはずだ。ニュースで日本の政治家達が集会で飲んでいた。世界の王族貴族の組織イルミナティのトップの人食い爬虫類エイリアン達から見たら、日本の爬虫類政治家達なんて、下っ端の方なのだろう。フッ素を食らわせて、支配が簡単な様に仕向けているのだ。

蒸留水にはフッ素がほとんど入っていないが、問題なのは、蒸留水のペーハー度が酸性な事だ。湧き水の方がアルカリ度が高い。うちでも一時、ウォルマートから蒸留水を買っていたが、長男が酸性のペーハー度が気になると言い出し、またZephyrhillsを買い出した。

地球上での生活の問題点は、右を向いても左を向いても、毒だらけだという事だ。早く、爬虫類人達で賑わってジュラシック・パーク化している地球から脱出するか、5次元に移動したい。

9 comments:

  1. クリスタルカイザーってまずいですよね味が。

    ReplyDelete
  2. 昔、ビヨンセがCMにでてるの見ました。

    ReplyDelete
  3. クリスタルガイザーまずかったです。
    子供の頃は川の水も飲めたんですけど、今は寄生虫の危険があるとか言われます。それも安全な水を飲ませないためでしょうか。

    ReplyDelete
  4. クリスタルガイザー美味しくないですよね。
    日本のミネラルウォーターもある意味やばそうですね。宅配の水は雑菌だらけだし、安心して飲めません。

    ReplyDelete
  5. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  6. クリスタルガイザーもう飲みません!
    どおりで美味しくないと思った。
    サントリーの出してる水はどうなんでしょうか?

    ReplyDelete

  7. クリスタルガイザーは なんだか安売りの理由が分かるような 味ですね。。。
    一時変な噂が飛びかって以来 避けてます。。。
    高いからといって安全ではない‼︎のですね、安くても?危うい…表示偽造もあるし、
    基本の水となると警戒しないとですね。。。
    真実・検索しまくります╭(๑¯⌓¯๑)╮はぁ。

    ReplyDelete
  8. 水もお茶も買っては飲めないですね。...とりあえず検索します。
    (´ ▽`).。o♪♪ ボケ~

    ReplyDelete
  9. 大量に降り注いでる宇宙線により、不本意に体内に入れられたフッ素やチップ、毒ワクチンは無効化決定間違いなし!

    ReplyDelete