Wednesday, March 16, 2016

子宮頸がんワクチンで脳みそも破壊 学習、睡眠障害も...




ワクチンとは何か?

ワクチンとは爬虫類組織の製薬会社が、人間の能力を落とし、彼等の奴隷種としてキープするための手段。

もう、私のブログでは何回も「ワクチンは、あなたの体を破壊する猛毒」と記事を書いた。

私の息子の通っていた学校のユダヤ人家族は、息子が水疱瘡にかかったのを知って、こう言って来た。「私達、ユダヤ人達は、一切、予防接種を受けない。その代わりに、水疱瘡になった子供と一緒に遊ばせて、ウイルスをもらい、ワザと病気になる。そうやって子供達の免疫力を鍛えるのよ。私の子供達と水疱瘡になったあなたの子供、是非、一緒に遊ばせて。」と頼んできた。

実際に、ユダヤ人専用の予防接種拒否の書類があり、「旧約聖書にある 十戒 を守らなくてはならないので、予防接種は受けられない」という内容のものだ。

私は早速、保健所に行き、その書類にサインしてきた。もちろん私はユダヤ人では無い。保健所では、別に何も言われなかった。ユダヤ人であろうと無かろうと、その書類にサインして、予防接種免除してもらった方が勝ちだろう。もう、それから一切、私の子供達は予防接種を受けていない。それでも学校に通える。

そういった書類が存在する事を知る事が大切だ。こういった情報は、普通、隠されているが、ネットで検索すると必ず出てくるものだ。まあ、いまだに予防接種は体に良いと考えている人々には「馬に念仏」だろうが...。

今の時代、テレビは嘘情報を流し続け、真の情報を得るにはネットしか手立ては無い。ネットでも、どの様な情報を真の情報と考えるかは、その人、その人の精神的な進化度によって違う。進化が遅れている人々に「あなた、子供の予防接種って、子供の体を害し、知能を低くするわよ!」といくら言っても、彼等には理解できない。彼等の頭は爬虫類メイトリックスで一杯だからだ。

特に、この子宮頸がんのワクチンは、女の子達を不妊にし、ひどい時には身体障害、そして精神障害に陥らせる。そういった目的で製造されているのだ。西洋医学は爬虫類メイトリックスそのものであり、爬虫類組織の製薬会社は良薬の様に見せかけて、実は毒を売っているのだ。私自身は製薬会社関係で働いていたので、その辺のトリックはよく知っている。

この子宮頸がんのワクチンの元祖キャンペーン・ガールは三原じゅん子だ。

レプティリアン三原じゅん子。手のひらに比べて指が長いのが爬虫類人の特徴。
「三原じゅん子」の画像検索結果

上の三原じゅん子の写真を見てみれば一目瞭然だが、彼女は、いまだに女性ホルモンがムンムンしている。彼女は「私は子宮頸がんで子宮を手術で摘出しました。」などと言っているが、それは嘘だ。普通、子宮を取った途端、女性ホルモンが減り、突然、老ける。

三原じゅん子は子宮頸癌なんかになっていないし、子宮も摘出していない。

そう、すべて演出だったのだ。爬虫類組織のイルミナティに子宮頸癌ワクチンのキャンペーン・ガールとして抜擢されたのだ。

彼女の役は、子宮が子宮頸癌で侵され、子宮摘出しなくてはならない役。女優、そして組織ぐるみの演出。資金はすべてイルミナティから出ている。製薬会社がすべてイルミナティの組織と分かれば、簡単に理解できるだろう。

彼女が国会議員になれたのも、彼女が子宮頸癌ワクチンのキャンペーン・ガールだっただらだ。すべて、若い女の子達を不妊の奴隷種とするために仕組まれた罠。

B層だったお母さん達は、テレビのコマーシャルを見て、「是非、私の娘達にも、この予防接種を受けさせたい」と思い、病院に駆け込んだ。なんて浅はかな行為だったのだろうと、今、後悔しているに違いない。

多くの女の子達が身体麻痺、精神麻痺などに陥ったという。

子宮頸がんワクチンを接種する前までは、健康な女の子が、完全に体や精神が麻痺。
「子宮頸がん 副作用 麻痺」の画像検索結果

子宮頸癌ワクチンには、多量の神経を殺す神経毒が入っているに違いない。人間の神経の破壊だ。

子宮頸癌ワクチンでなくても、すべてのワクチンに防腐剤として水銀が入っている。水銀は強力な神経毒だ。爬虫類人プリンセス雅子様のおじい様の会社チッソが、ワザと水銀を垂れ流し、水俣病で何万人も殺したのは有名な話だ。そう、ワクチンを接種する事により、軽い、または重い水俣病になる事も十分可能なのだ。

大体、考えてもほしい。人間の体自体がちゃんと機能して、ウイルスやら菌から体を自分で守る事ができるのに、なぜ、ワクチンという毒を、血管に注入しなくてはならないのか?なぜ、自分の体の治癒力を信じられないのか?

予防接種を国ぐるみで、人間家畜に接種を強制しているのは、国自体が爬虫類組織であり、人間の組織では無いという点だ。人間に化けた人食い爬虫類人達が、世界中の政府を牛耳っており、人間家畜(ゴイム)を管理している。

人間が彼らよりも有能になり、しかも松果体を使って5次元に居る進化した宇宙人達と連絡を取り合う事は、爬虫類人達にとって一番恐れている事なのだ。

そのために予防接種という名の毒を使い、人間の神経を破壊し、爬虫類人達より劣った奴隷種としてキープしたいのだ。

最近、スパイダーマンという映画を見たが、内容は、ある製薬会社の狂った科学者が、自分の失った腕を再生させるために研究を行っていたが、ある日、彼はトカゲの遺伝子を自分の失った腕に注射した。すると腕が再生してきたのだが、彼の体自体が恐竜の様になってしまった。そして彼は凶暴な恐竜の様な爬虫類人として町を荒らしまくった。


そして、その狂った科学者は、人々が次々と爬虫類人化する液体も開発し町でバラ撒いた。すると人々の皮膚には爬虫類人のウロコが...。彼は製薬会社ビルの高いタワーから、その液体を町中に撒こうとした。

一見、くだらない様な映画に見えるが、こういった映画にも、爬虫類組織の意図が現れている。それは製薬会社を使って、人間達を爬虫類化するという計画だ。

その人間爬虫類化計画の一部が、強制予防接種と見て間違い無いだろう。

10 comments:

  1. フッ素もそうですよね。
    リアルさんの過去記事にもありますし。
    フッ素を使い続けると、従順な人間になってしまうとか…
    歯磨きはやはり重曹に限りますよね。
    なんでも鵜呑みにして疑問をもたない、これこそフッ素と効用でイルミナティ、爬虫類人が望んでいるところだと思います。

    ReplyDelete
    Replies
    1. フッ素と効用で→フッ素の効用で

      Delete
    2. もう1年以上も重曹で歯を磨いてますが、うちの3人の息子達も私も、全然、虫歯にならないですね。お口の中もアルカリ性になり、さっぱりしますね。

      フッ素はネズミ殺しの餌に入っている主要成分。そして私達のアンテナの松果体をサビさせる毒。

      Delete
  2. 子宮頸癌ワクチンを題材にしたリアルさんからのこのメッセージ、
    とても素晴らしいの一言です。

    もうすぐ、ホントもうすぐ地球は大いなる上昇の時を迎えようとしています。
    このままでは多くの方が、この最大のチャンスを逃すことになりそうです。
    内心の光との接点を強めるためにも、
    会社などを止め、シャドーエリアから自己を離しコントロール下から逃れなければいけない時がすでに来ています。

    絶対なんとかなる!……このブログの愛読者ならこのくらいの気持ちで、
    決断してみる時が来ています。


    ReplyDelete
  3. HIDEKIさんはなんか決断してるんですか?

    ReplyDelete
    Replies
    1. 草木さん、変なコメント入れてしまいスミません。
      私にとってはある時から、高次の神々や宇宙同胞のみなさんから下ろされるメッセージが全ての指針となり、その結果として2011年から組織で働く事や、TV新聞などのメディア情報に接することができなくなりました。
      あくまで私だけ…のことです。

      Delete
  4. 3年前、倦怠感と多量の抜け毛が気になり自分の体調不良を調べるうちに、重金属汚染の問題に辿り着きました。
    自宅でできる毛髪検査をしたところ、身体から高濃度の重金属(カドミウム・鉛・水銀・ヒ素)が検出されました。

    このワクチンの問題も重金属と同じデトックスプログラムにより、症状が緩和され学校に通えるようになったと、被害者の母親のブログで読みました。

    自分は数種類のサプリとおがくず酵素浴を半年間続け解毒に成功しました。毛髪の再検査の結果は良好でした。


    リアルさんのブログを通して、これ以上ワクチンによる被害者が出ないことをお祈りしています!

    ReplyDelete
  5. NHKで、子宮頸癌ワクチンを接種した少女達の特集を見た事があります。副作用がとても辛そうでした。1日も早い回復を祈ります。

    ReplyDelete
  6. 肺炎予防球菌ワクチンなんかもあやしすぎますね。両親には命取られるよと言って受けないよう促してます。

    ReplyDelete
  7. 松果体やられたら進化できません。気を付けないと...。(;´ρ`)

    ReplyDelete