Wednesday, March 16, 2016

爬虫類組織の管理する関所が日本に多過ぎる!



富士山に関所?あくまでも任意で払う協力金であり、払いたくない人は払わなくってもいいんじゃないの?それなのに、道幅の狭い場所に関所みたいな感じで強制的に払わせるっておかしいね。

富士山には巨大な自衛隊の基地もあり、演習場もある。富士山自体が爬虫類人達の山岳秘密地下基地になっているんだよ。だから、あまり多くの人々に来てもらいたくない。または、人々からお金を徴収して、そのお金を彼等のポケットに入れようという魂胆だ。

しかし日本にお金を徴収する関所が多すぎるね。徴収したお金は、もちろん爬虫類人達のポケットに入る様になっている。

日本に、どんな関所が存在するのか?高速道路を見てみれば分かるよ。お金の料金所。高い料金のチャージ。お金が無くては移動もできないというシステム。

その点、米国の高速道路は無料。フリーウェイ(無料の道)と呼ばれているからね。ガソリン代さえ払えれば、どこまででも走れるよ。東海岸から西海岸、またはカナダの国境からフロリダ州まで無料。

日本という国が、いかに爬虫類組織に搾取されているかが分かる。

5 comments:

  1. 昔、富士の樹海を舞台にした、鬼の子が主人公の漫画が有りましたが、富士山自体が爬虫類人達の山岳秘密地下基地、で思い出しました。

    樹海の奥深くに住む壬生一族と言う、太古から日本を裏で支配している爬虫類人みたいなのが敵として出てきます。
    この一族も実はもっと前に居た、本物の強力な鬼の一族によって作られたのですが、何だか作者が爬虫類人達の事を知っいて、意図して描いてた様な気がします。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 樹海に住んでいる壬生一族という人食い爬虫類族が実際に居るんでしょうね。樹海の下には、洞窟が迷路の様になってますからね。洞窟に住む爬虫類人達がたくさん居るでしょうね。

      テレビ番組とかで「自殺するんだったら、樹海においで」みたいな隠れた意図のある番組が多いですね。若者を樹海にさそって、爬虫類人達の餌にしようという魂胆でしょうね。

      Delete
    2. 返信ありがとうございます。気になってたのでスッキリしました。

      しかし、人々からお金を徴収するけどあまり多くの人々に来てもらいたくないって・・・どこまでワガママな種族なんでしょうか ┐('~`;)┌
      高速道路は無料、て言う話もいつの間にか忘れられている様な…

      Delete
  2. 私も前から日本の高額な高速道路の通行料金に疑問を持っていました。

    私の住むエリアは田舎なので車社会ですが、
    最寄りの都市まで行くには飛行機・電車・車・長距離バスが移動手段ですが、車で行くにしても高速道路が高額すぎて、いつもどうやって行くか悩みます。高速代金だけでも往復13,000円もかかります!!

    高速道路代金、何とかなりませんかね?
    貧乏人はどこにも行くなということなんでしょう!!(怒)

    ReplyDelete
  3. アメリカに比べたら、せまっくるしい日本の短ーい高速道路が無料にならないなんておかしいですよね。
    関所は特に女人に対して「改め婆あ」を置き、取り締まりが厳しかった。
    このばばあも爬虫類人。「女改めの時は、他の旅人は関所構内に入ることはできず...」食べ物として確保したんでしょうかね~。
    http://www.hakonesekisyo.jp/db/data_inc/inc_frame/fr_data_01_02_05.html

    ReplyDelete