Saturday, March 19, 2016

嘘ニュース速報 南ロシアでドバイ発旅客機が墜落 62人が死亡

こちらが墜落の瞬間のビデオだそうだ。


私のブログでは、何回も何回も、コンピューター・グラフィクスで捏造した嘘飛行機事故を取り上げた。またまた、同じパターンのトリック。映像を良く見てみれば、何かがおかしいと感じるはずである。

こちらが墜落したと嘘ニュースで報じられている飛行機だそうだ。かなり巨大な飛行機という点に注目。
Image result for airplane crash in russia from Dubai

そして上のビデオの捏造された墜落の瞬間の解析。

赤い矢印の指している光が、上の墜落した飛行機だそうだ。その光は、町の街灯よりも小さい。

街灯くらいしか見えないが、普通、国際便が発着する大きな飛行場だったら、強力な照明がたくさんあり、もっと明るいはずだ。という事は、ここは飛行場近辺では無いという事だ。


例の飛行機と言うには無理がある光が地面に着いたかな?というタイミングで強い光が走った。でも火柱らしきものは見えない。

え煙?または火?(ハッキリ言って、どっちにも見えない)が上ってきた。

またまた不自然な形の煙?


そして極め付けが、このイビツな形の煙?または炎?

上のイビツな煙のクローズアップ。直角のラインが、いかにも人工的。へたくそなコンピューター・グラフィクスに間違い無いだろう。

で、どんな事故現場なのか、画像サーチしてみた。

何だか汚いゴミが散らかっているというだけにしか見えない。これだけゴミ撒いたの、大変だっただろうね。


片付け大変だね。ゴミ拾い、がんばってね!

なぜ、こんなくだらない捏造映像を作成し、テレビで流すのか?それは、人々を怖がらせる目的だ。恐怖に戦いている人々はコントロールしやすいと心理学の教科書に書いてある。爬虫類組織は、こういった捏造映像で人々を恐怖の底に落とし、支配コントロールしているのだ。

捏造旅客機墜落の関連記事
ウクライナでのマレーシア航空の撃墜墜落は捏造だった!
http://archive.is/F9uxC#selection-499.1-499.27

マレーシア機がウクライナで、ロシア製の地対空ミサイルにより撃墜、そして爆発炎上したという嘘ストーリーの際に使用されたコンピューター・グラフィクスの写真。煙の形がレプティリアンの自画像の様になっている。もちろん、これを作成したのはレプに間違い無いだろう。
マレーシア機はウクライナで、ロシア製の地対空ミサイルで撃墜されて、爆発炎上、それでもデューティー・フリーショップのウイスキーボトル2本は無事?こういったシナリオを書ける爬虫類組織のIQって低すぎ!


台湾旅客機墜落もコンピューター・グラフィクスで作った嘘ニュースだった


5 comments:

  1. 1日も早い支配コントロールの崩壊を願います。

    ReplyDelete
  2. ニュースで見ましたが飛行機が落ちたというよりも、どー見ても「向こうの方の木の上から懐中電灯が点灯したまま落ちた」って感じです。衝撃波が微塵も無いですね。お粗末です。

    ReplyDelete
  3. これだけ大事な光が出てるのに、何の躊躇も見せず素通りする車たち…
    はて?そんな事あるかしら。
    しかも、爆発が起きてから収束するまで早!
    こんなものですっけ?

    ReplyDelete
  4. 光で誤魔化す、バック・トゥ・ザ・フューチャーの飛行機版ですね。^▽^

    ReplyDelete
  5. 作りがチャチイわぁ(笑)。

    ReplyDelete