Wednesday, April 29, 2015

ネパール地震の震源の深さはすべて10km


最近多いのが震源の深さが10kmの地震。これは地下10km辺りにレプティリアン達の基地が存在している事を物語っている。ネパールでもシャンバラという彼等の巨大秘密地下都市は、地下10kmに存在したという事だろう。

シャンバラの画像サーチをするとシャンバラ王国というのが出てきますね。私のブログの常連さんだったら、王と名の付く者は、すべてレプティリアンとご存知ですよね?つまりシャンバラは100%、レプティリアン王が統治している地下王国という事です。

Image result for shambhala kingdom

シェルダン・ナイドルニュース 銀行家の逮捕と一致する情報を入手

まずはシェルダン・ナイドルの今週のニュースから

http://www12.plala.or.jp/gflservice/SheldanNidleNews150428.html

シェルダン・ナイドルニュース 2015年4月28日  

ドラッツォ!幸 せのニュースを持ってきました!考え抜かれ、準備されていた配布システムが始まりました!このシステムに関与している多くの銀行員がこのシステムを成功に 導く経験を持っていました。それに加えて、古代ファミリーのあるヨーロッパメンバーが特別にこのファンドの質を高めました。彼らはこれらの資金が大西洋を 越えてあなた方の銀行口座に迅速に送られるために必要な事が何かを知っています。彼らが意図する用途に確実に役立つようにあらゆる注意が払われています。 悪意ある銀行員共やそれに類する者たちの逮捕も行われていて、これらの作戦を大きい成功に導いています。ですから、あなた方にはもう少し辛抱し、このプロ セスの進展は注意深く管理され、資金は受領され、この最も複雑な作業の次の段階も終了していることを知って欲しいと思います。盗取された資金を回収して新 たなプロセスを始めるには長い時間がかかりましたが、今ではあなた方に祝福が行き渡る段階に入りました。ですから、もう少し辛抱して下さい。今のこの段階 に達するまでには非常に特別な時間が必要だったのです。

この非常に複雑 なプロセスの最終段階に達したので、闇のカバールが繰り返し改訂してきた世界的なシステムの特別な解体を私たちが開始していることを知って下さい。これら の闇の手下共は行き届いた制御が出来る世界的なシステムの運用を非常に注意深く行っていました。全ての局面には注意深い反面調査が行われ、彼らの悪辣な運 用がよどみなく行われているかどうか確認されていました。このプロセスを乗っ取ろうとする試みは跳ね返されました。こうして最終的にこのシステムに割れ目 を入れるために古代ファミリーのメンバーと特別に訓練された銀行家と弁護士のチームが活躍しました。この試験運用の最終段階のプロセスは私たちが次に行う ことの始まりに過ぎません。私たちにはこれらのラインを開きっぱなしにし、世界の他の地域で今行われている事についてより多くの代替手段を提供することが 必要です。種々のより強力な国々も私たちを支援しています。この新しい銀行、通貨システムがともに動き始めるので、この世界の中では大変化が非常に近づい てくると言う事実をお知らせします。これらは新統治体とデスクロージャーを実現させます!

私たちの到来は あなた方の世界の社会にとって分水嶺になります。現在、あなた方は分割されています。あなた方の民族の一つ一つが特別な文化と一連の言語を持っています。 あなた方にはこの現在の時間にどのようにして到達したのか記憶がありません。社会の各グループには創始について述べていると思われるごちゃ混ぜの神話があ ります。あなた方も創始が未知の言語を持っています。手短に言うと、あなた方は自分たちが本当には誰でどこから来たのか理解していません。この忘却はあな た方が本当には誰なのかが分からないように遠い昔に与えられたものなのです。私たちが到来すれば、これは真実に置き換えられます。私たちはあなた方に歴史 を取りもどさせ、長い間の混乱を終わりにするように、あなた方のグループの系譜を知らせようと思っています。私たちは又、銀河の人間たちが多くの肌色を 持っていることを紹介しようと思っています。この情報を利用して人間の多様性と、この銀河全体に広がっている数千の星間国家を形成している多くの文化の形 成にそれが如何に役立っているかについてより良いアイディアを得て欲しいと思います。あなた方の将来の星間国家への組み入れはこの現実のもう一つの反映な のです。

見られるとお り、あなた方は今は、まずお互いをこの素晴らしい星間国家を共有する多くの色の人々として見られるようにする旅の途上にあります。このプロセスは、現在は ガイアに限られています。間もなく、あなた方はこの星間国家全体に広がろうとしていて、他の姉妹水世界にも素晴らしい所を発見しようとしています。そうす る時には、あなた方がこの美しい水の世界の維持を助ける為に遠い昔にここに来た星の開拓についての天才だということを思い出して下さい。介入が行われた数 年の間に多くのことが起きました。この歴史を繰り返し意識してこれから形成されるこの星間国家に役に立つようにするにはどのようにするのが最善かをハート の中で学んで下さい。この星間国家は大きい運命を担っています。この運命はこの銀河に永遠の平和をもたらし、他の銀河への進出プログラムを予定されている 高まりにまで進めさせることです。天からあなた方に奉仕することを許されたのは私たちにとって最も幸せなことです。私たち相互の顔合わせは急速に近づいて きています。あなた方が忘れてしまっているファミリーの一部との知己を更新する時として、その時を見て下さい。この忘却の雲はその時には優しく引き払われ ようとしています。

ナマステ!私た ちは次元上昇したマスターです。古代ファミリーの中の私たちの関係者と現在の不公正な金融システムを変えるために作業をしている人達はあなた方に祝福を届 けるための最終手順を始める準備を整えています。成功に至るまでの大きい障害は除去されました!数十年前に私たち次元上昇したマスターがあなた方の素晴ら しいプロジェクトを実現させるために必要な富を与えるプロセスを開始しました。開始時点では、私たちの多くの方向付けの為の瞑想と目的を持った祈りは闇の 企みに対して限定的な効果しか示しませんでした。でも、私たちは飽くことなく続け、そのうちにこれらの喜び溢れるビジョンが闇の意図に対してより大きい効 果を及ぼし始めました。私たちの忍耐が数十年後には天の介入に繋がりました。これがアヌンナキを突然アンカラ連続体による大平和への忠誠宣言をさせまし た。それに加えて、天は私たちに銀河連合を派遣してくれました。私たちは今地球表面の人間の為の新たな現実の正に始まりに位置しています。

私たちの為の最 も栄えある行動に就いて天に祝福し、感謝します。闇は今撤退中です。私たちの祈りに対するあなた方の支持は私たち全てが注意深く思い描いていた行動を生み 出しました。この時を借りて、起こったことに感謝の念を捧げます。これを、これらの行動を実現し始めている点にまで私たちの希望を叶える根気強さと重なっ た集合的活動の力として見て下さい。これらのイベントをあなた方のポジティブな持続力が得られることの証として利用して下さい。私たちがこれらの素晴らし い恩典を間もなく楽しみ始めるので、強力な集合的アイディアが達成できることの例として捉えて下さい。これらのアイディアを物理的に実現し始める時にさ え、このような集中の程度が奇跡を生み出し得ることを心に留めて置いて下さい。あなた方は今このような奇跡が益々増加してくる領域に入りつつあるのです。 この概念をお互いに助け、癒すために利用して下さい。

この現実の中で 現在起きつつあることを意識するようになる時、このエネルギーを相互支援に利用して下さい。私たちは実際に一つなのです。この大統合が今の時の核になって いるのです。奇跡が如何に容易にあなた方を待っているかを学ぶために天にまで行く必要はありません。あなた方の大きいスピリチュアルな力がこの時代の全て なのです。お互いに大事にし合い、ガイアに対して大きく必要とされる奉仕をすることを学んで下さい。人間の全ての側面もガイアの生態系の全ての部分も貴重 であり神聖です。しばしばこれは忘れられ易いのです。あなた方にはこの点に集中し、母なる地球と全ての社会が自身を癒せるように勇気づけるようお願いしま す。私たちはこの現実を変え、あなた方を取り囲んでいる闘争を変革させるエネルギーを持っています。あなた方が内部に持っている古代の智恵が姿を現そうと 待っています。今は内側を探り、この偉大さを表に出す時です。私たちを加わらせ、全ての者の為の大いなる癒しをさせて下さい!

今日はこの美し い、青緑の天体周辺で起きている数多くのイベントの内の幾つかに付いてお知らせしました。知っての通り、大きい一連の祝福があなた方の道の先に起きようと しています。ガイアに感謝し、ガイアとあなた方との間の新たな関係の構築を助けるために残りの時間を利用して下さい。親愛なる皆さん、天からの無限の供給 と繁栄が実にあなた方のものであることを知ってください!そうあれ!セラマト・ガジュン!セラマト・ジャ!(シリウスの言葉、一つのものであれ!喜びの中 にあれ!)

>>悪意ある銀行員共やそれに類する者たちの逮捕も行われていて、これらの作戦を大きい成功に導いています<<

上の情報と一致する情報が以下の情報↓


4月22日付けの情報

ノースカロライナ州シャーロットにある大手銀行で、警察官達が銀行員達をフェンスで作った囲いの中に閉じ込めた

私はノースカロライナ州シャーロットにある大手銀行で勤めている。私達は8階建ての何千人もの従業員達が働いている建物に居た。非難訓練と言われて外に誘導されると、そこには警察が居て、フェンスで作った囲いがあり、そこに入れられた。一旦、そこに入れられると出る事はできなかった。私達がそこから出られない様に、見張りが立っていた。隣のビルにコーヒーを買いに行く事でさえ許されなかった。

日本語訳終わり

ノースカロライナ州とは海軍基地などがあり、爬虫類人達の人口密度の高い州だ。上の銀行員を一時、フェンスで出来た檻に入れたのは、シェルダン・ナイドルの言うNESARAを阻もうとする悪意のある銀行だったのだろうか?大手銀行となっているが、バンク・オブ・アメリカやチェース銀行辺りだろうか?もともと銀行というものは爬虫類人達が作った犯罪組織であり、たくさんの銀行家が逮捕されるのは当たり前と考えて良い。

ネパール地震はレプティリアン巨大地下都市シャンバラの一掃のため

ユネスコ文化財などのレプティリアン世界遺産的な建物が破壊されている事がわかる
Image result for nepal earthquake
Image result for nepal earthquake
Image result for nepal earthquake
Image result for nepal earthquake
Image result for nepal earthquake

Rapt さんがシャンバラはアガルタの都市などと書いてましたが、私はシャンバラはレプティリアンの巨大地下都市だと思いますね。

ここでアガルタの地球の中心にある空洞空間と、レプティリアン達が住んでいる地下空間の違いを明らかにしておきたいと思います。

アガルタの地球の中心にある空洞空間は、リンゴで言ったら芯の部分であり、そこが空洞になっているという事です。ほとんどのパイロットの人々は、北極と南極にはこの空洞空間に行く巨大な穴が存在する事は知っており、もしそのことについて口外すれば、首になってしまうそうです。
Image result for inner earth
Image result for inner earth


レプティリアン達が住んでいる地下空間は、地球の表面から穴を掘った洞窟ネットワークであり、アリの巣の様にトンネルでつながっている。その深さはせいぜい深くて10キロ前後という感じ。彼等は太古の昔から存在し、地下に住んでいた。つまり、今あるこれらの地下ネットワークは古代から使われていた可能性が高いという事だ。

Image result for reptilian underground bases
Image result for reptilian underground bases
Image result for reptilian underground bases

彼等は火山活動で出来た自然の洞窟なども利用している。そう、洞窟が多いために、火山地域を好んでテリトリーにしている。その火山地域には、もちろん日本も含まれる。日本での爬虫類人達の人口密度は非常に高い。気がつかないだけで、あなたの周りにもたくさんいるはずだ。

Image result for caves
Image result for caves
Image result for caves

また鉱山などもレプティリアン達の巣だ。有名なエイリアン地下基地で働いていたセキュリティーが、爬虫類人達の秘密地下基地の入り口は、採石所としてカモフラージュされていると述べていた。鉱山または採石所という事にしておけば、疑われる事無く穴を掘りまくれる。日本にある鉱山と採石所も、すべて、爬虫類人達の秘密地下基地の一部だと言っていい。
Image result for 採石所
Image result for 採石所
Image result for 採石所

福島県にある第二次世界大戦時に使われた洞窟基地となっているが、実際には爬虫類人達の秘密地下基地。長い滑り台などがあり、とても楽しそうだ。幽霊目撃となっているが、爬虫類エイリアンに間違いないだろう。

最近多いミステリアスな振動(地震)、そして地下から突き上げる様なブーン(またはドーン)という音は、光の銀河連邦が彼等の地下ネットワークを一掃している証拠である。

もしシャンバラの様な巨大な地下都市が一掃されたならば、もちろん大地震として現れる事になるだろう。なぜ多くの人々が亡くなったのか?多分、亡くなられた方々は、カルマを背負った人々だったのだろう。または、そういった人生契約で最初っからこの地球にやって来た魂だったのだろう。死者1万人などと言われているが、その中には巨大地下都市シャンバラでの死者も含まれている可能性が高い。つまり多くのレプティリアン達がお亡くなりになったという事だ。

一見、人間に見える爬虫類人達。しかし彼等は獰猛な人肉食エイリアン、またはハイブリッド達だ。破壊されたシャンバラには、人間の死体が逆さまに吊るされているミートロッカーがあり、多くの子供達が誘拐されて食べられていた事だろう。また光の銀河連邦によって、生きたまま檻にいれられていた多くの子供達が救出された事だろう。


↓有名なエイリアン地下基地ダルシーにある子供達を閉じ込めておく檻
Image result for dulce underground base human cage

Tuesday, April 28, 2015

お久しぶりです 近況報告

しばらく疲れていたので、長い間お休みしていました。皆さん、コメント欄で盛り上がっていたみたいなので良かったです。これからは、記事は毎日はアップしません。ゆっくり個人的な日記を書くみたいな程度の質と量でやっていきます。

とにかく毎日がアット言う間に過ぎていき、子供達と2匹の犬、そして最近見つけたオポッサムの孤児の世話で終わってしまいます。

そのオポッサムの名前はババと付けましたが、長男と近くのトレイルを歩いている時に見つけました。トレイルにハエの集ったオポッサムの死体があり、そのお腹に何かが動いている様だったので、息子に赤ちゃんが居ないかチェックさせました。すると赤ちゃんが居たので、家に持ち帰り世話をしています。まだちっちゃいので、2時間毎ぐらいに犬用の粉ミルクとドングリの粉を混ぜたものを溶かしてあげています。

オポッサムは有袋類で、カンガルーの様に、お腹の袋に赤ちゃんを入れて育てます。歯がシャープで、近くによるとそのシャープな歯をむき出しにして威嚇するので、多くの人々が「凶暴な害獣」と勘違いしています。オポッサムは狙われると威嚇してきますが、気の弱い動物で、威嚇して駄目だと、今度はウンチやおしっこをして「食べるには美味しくない動物」という事をアピールします。それでも効かない場合には「死んだ振り」をします。本当に気を失うのです。それが何時間も続く時があるそうです。

Image result for opossum baby
Image result for opossum baby
Image result for opossum baby

まあ神様から世話をする様に頼まれているものと思い、お世話をしています。法律上、オポッサムを家で世話をする事は違法らしいですが、おかしい法律ですよね。でもオポッサムを殺して食べるのは、米国では合法らしいです。そう、これらの冷血な法律は、所謂「ドラコニアン法」と米国では呼ばれています。レプティリアン達は人肉を含む肉類が大好き。その肉類には、もちろんオポッサムも含まれるという事です。Youtubeでサーチすると、オポッサムの肉料理なんてビデオが結構出てきますよ。


バンク・オブ・アメリカによる不正な不動産取引の件は、レプティリアン達が勝手に修正したみたいで、問題は解決しそうです。訴えられたら負けるのは彼らですからね。自分達で修正しておいた方が得ですよね。

一番の変化は、突然、長男が完全なるベジタリアンになってしまった事です。急に「あなたにお勧め」のYoutubeに、インド人のお爺さんベジタリアンの薦めのビデオが現れ、それを見たら、ベジタリアンになる事を覚悟したそうです。しかも料理をしなRaw Food Dietに夢中で、野菜をガリガリかじって1日過ごしています。クルミをフードプロセッサーで潰して作ったペーストなどを野菜に付けて食べたりしています。その点、私自身は、いまだに卵とチーズ、シーフードなどを食べてしまっています。なんか長男に先を越されてしまった感じですね。

子供達の春休みは、天気があまり良くなかったので、遠くには行けませんでしたが、近場のオカラ・ナショナルフォーレストで、3日間、キャンプしました。マダニ(tick)が多く、しばらくの間、ピンセットでtickを取りまくりましたよ。
Image result for tick

とりあえず、近況報告はこれくらいにしておきます。ここ数日間で、ちょっとおもしろい情報を手に入れたので、別のページでお知らせします。