Sunday, November 29, 2015

嘘ニュースで活躍するクライシス・アクターを派遣しているエージェンシー ウェブサイト閉鎖

閉鎖されたクライシス・アクターのエージェンシーのアーカイブ・サイト
https://web.archive.org/web/20140328202513/http://crisisactors.org/photo

クライシス・アクターズ 訓練された出演者とアクターが本当にあった様に見せかける。

こちらがエージェンシーに登録している訓練されたクライシス・アクターズのほんの一部。

下のビデオが、このエージェンシーから派遣されたクライシス・アクターズによって演出された数多くの嘘ニュースのほんの一部。
「3人のニューヨーク市警の警官達が撃たれた」
「車が駐車場で10代の若者を轢いた」
「(銃撃テロの起きた)サンディー・フック小学校の学生。学校に戻る」などなど。(嘘)ニュースにはクライシス・アクター達がご出演。

クライシス・アクティング・ニュース。すべてのニュースは、狙撃された事を想定しての演習。もちろん、その演習には、クライシス・アクター達が撃たれたフリをして演習を盛り上げる。

あのパリ同時多発テロも、もちろんクライシス・アクターズを交えての演習だった。
http://reptilianbuster.blogspot.com/2015/11/blog-post_17.html

フランスのラジオ局には、ある情報がリスナーから届いた。それはパリ市が何箇所かでテロリストによるアタックを想定して演習を行っていたという情報。

警察や消防が、多くの警察官やら消防隊員、級急車まで配置して予行演習していたのだ。つまり、テロリスト・アタックではなく、ただ単なる予行演習だったのだ。

2 comments:

  1. クライシス・アクターのウェブサイト閉鎖。嘘もお開きになると良いですね
    今日、車の用事で警察署行ってきました。窓口の横になぜかタバコ屋のおばちゃんみたいな人が2人いて、ケラケラおしゃべりしながら印紙売ってました。なんか場違いな雰囲気でしたが...。そして警察署の近くに土砂の山が!秘密地下基地から運ばれたものだったかも。

    ReplyDelete