Sunday, November 29, 2015

オバマ大統領 石油や石炭の時代は終わり 新クリーン・エネルギーへ

http://beforeitsnews.com/politics/2015/11/hundreds-of-officials-just-sent-a-letter-to-obama-you-wont-believe-what-they-said-and-how-they-rose-against-him-a-demand-he-didnt-want-2760334.html

オバマ大統領 新エネルギー政策の書類にサイン

もちろん石油や石炭産業で金儲けしているレプ達は大慌て!

626人の中央政府の政治家や官僚、地方政府の政治家や官僚がオバマ大統領に、その政策を止める様に手紙を送ったそうだ。

オバマ大統領自身、スピーチで「もう汚い石油には頼らない」「汚い石油のパイプラインなんか、米国にはいらない」と述べた。

石油時代の終焉。それは地球のレプティリアン支配の終焉と言えるだろう。

6 comments:

  1. ガソリンの叩き売りが始まってますねw
    100円割れとか。

    ReplyDelete
  2. オバマ大統領が石油の時代を終わらせるサイン。いよいよ隠されてきたエネルギー技術の時代が来るのですね。

    ReplyDelete
  3. まだガソリンは112円くらいです。そうは言うけど、クリーンエネルギーの車はは電気自動車やハイブリッド車なんですか。そんなの高くて買えない。また電気自動車も有害な電磁波出して、乗ると気分が悪くなる人や吐く人もいます!今は石油エネルギーからクリーンエネルギーの過渡期の混乱期であると信じたい。また、いまだにイルミナテイの勢力がまだ強いですね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 大体、自動車というものが時代遅れになる時代が、そこまで来ているという事です。はやく安全で事故の無いスペースシップやテレポーテーションが利用可能になると良いですね。

      今は支配階級のレプ達の、最後の悪あがき、という段階でしょうね。

      Delete
  4. 早く末端までよろしくお願いしまーす!

    ReplyDelete
  5. 石油が終わっても次は水素エネルギーとかレプは対策取ってるのは当然。
    何の手も打たずただ石油終わらせるわけないだろうに。

    ReplyDelete