Friday, September 11, 2015

仙台 爬虫類人秘密地下基地の電源となるソーラーパネルが崖ごと崩落



この近辺、やはり爬虫類人秘密地下基地の入り口となる採石所がやたらと多いですね。仙台市の地下には、それだけ巨大な爬虫類人地下都市が存在するという事でしょう。


5 comments:

  1. スカッとするようなニュースですね(*´∀`)

    ReplyDelete
  2. 猫山さんこんにちは。
    ほんとですね。
    先の鬼怒川決壊原因のソーラー建設に続き、また!ですよね。
    ありがたいことです。
    この間、知り合いがソーラーシステムを売ると儲かるということを聞いてきて、やたら太陽光太陽光と言ってます。その話を持ってきた奴等は爬虫類人⁉️
    今度会ったら止めるように言うつもりです(笑。)

    ReplyDelete
  3. お盆休みに、茂庭温泉を訪れた時の不思議な形の雲を撮影しましたが、いま、この地図で見たら仙台市役所方面でした。しかも赤い矢印のある、岩肌が露出した砕石山?あたりです。
    https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-pgravbnus4u6tzaojb7qo3gdea-1001&uniqid=1ac3ef72-e601-47a3-af46-3a5ca7bcac2f&viewtype=detail
    確かに、太陽光パネルが国道沿いの山肌に沢山ありました。大学と宗教施設もあり、このパネルはどっちの設備だろか?と思いました。

    ReplyDelete