Wednesday, July 29, 2015

金持ちレプティリアンの別荘地 ナパバレー 山火事で焼け野原になる



ナパバレーってカルフォルニアワインの生産地で有名な場所だが、そんな風光明媚な所には、もちろん人食いレプティリアン達も多く住んでいる。1年前くらいには、マグニチュード6くらいの大きな地震が発生し、積み上げていたワインボトルや樽などが割れ、多くの被害を出した。もちろんその地震も、爬虫類人秘密地下基地一掃のために発生したものだった。

赤い線で囲ったあたりが山火事のエリア

この山火事のエリアの北にはベリエッサ湖がある。もちろんダムで堰き止められてできた湖だ。そこに底なし穴みたいなダムの取水口がある。
Image result for lake berryessa drought

しかし干ばつで水が干上がり、その取水口も露出し役立たずになった。
Image result for lake berryessa drought

その湖では、金持ちの爬虫類人達が、水上の家、ハウスボートでバケーションを楽しんでいたが、今では湖の水も涸れ、ハウスボートのスペースもあまり無くなった。
Image result for lake berryessa houseboat

そしてこの山火事の近くには、不気味な地下にあるワインセラーがある。爬虫類人の秘密地下基地の一部と見て間違いないだろう。

山火事の噴煙により空は真っ暗
Image result for wragg fire house burned

3 comments:

  1. 自然災害?!

    いや違う爬虫類人一掃浄化作業の前になす術べも無し。

    ふふふ。

    動物さんたちごめんね。
    無事に生き延びて~。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 悲しいニュースですが、干ばつで動物達が路上で轢かれているケースがとても増えたそうです。水を求めて高速道路や大通りを渡ろうとしたりして路上で轢かれてしまっているそうです。

      私自身、道路に動物が轢かれていると、その日一日、気分が悪いですね。特にオポッサムだと。オポッサムは早く走れないので、簡単に車に轢かれてしまうそうです。餌と水を求めて彷徨いながら車に轢かれてしまうなんて可哀想。早く車から事故の起きない小型スペースシップにでも変えてほしい。

      でも地球ガイアは地表の大変化のために、動物の数を減らしているそうです。鯨やドルフィンが岸に打ち上げられてしまって、海に押し返しても、また岸に上がってしまい死んでしまうのは、彼等が来たホームプラネットに帰るためだそうです。

      Delete
  2. オポッサム…(T_T)

    水が干上がることで魚と貝など水辺の生き物まで死んでいると思うと心が痛みます。
    爬虫類人駆除のとばっちりもあるとは思いますが、地表の変化に向けたガイアの意志なら、不幸なことではないかもしれませんね。

    ReplyDelete