Monday, July 27, 2015

中国でのエスカレーターやらせ事故劇 床が抜けて一人死亡



私は最初、本物の事故かと思って見たが、何か変?

エスカレーターの降り口の前に3人の制服を着た従業員がスタンバイ。そしてエスカレーターの乗り口にも1人スタンバイ。

そして母親が何かが起こる事を予期している様に、子供を抱きかかえてエスカレーターに乗っている。

スタンバイしていた3人の従業員達は、子供に手を貸し助けるが、お母さんには手を貸さない。お母さんも従業員に手を伸ばさないどころか、従業員達から顔をそむけ、首を曲げて他の場所を見る。

お母さんは下に落ち、エスカレーターに巻き込まれたと言っているが、その場面はビデオには映っていない。

では上のビデオの切り取り写真を見ていこう。

エスカレーターの降り口で3人の制服を着た従業員が待機している事に注目!その内の人は、棒らしき物を持ってスタンバイしている(赤い矢印)。そしてお母さんは、何かが起こるのを予期している様に、子供を不自然に抱きかかえている。

子供を手際よく助ける従業員。3人もスタンバイしているのだったら、ひとりくらい直ちにエスカレーターを止めるボタンを押すだろう(エスカレーターを止めるボタンは、通常、エスカレーターの降り口、乗り口の辺りに付いている。)

その後、従業員達はお母さんに手を伸ばすわけでもなく、お母さんも従業員に手を伸ばすわけでもない。それどころか、彼女は首を曲げ、画面に向かって右側を見る。

母親は画面に向かって右側の方を向いて何かを見ている。映画監督のサインを待っているのだろうか?棒を持った従業員女性がスタンバイしているのが見える。

ここで不自然にも、エスカレーターの床が抜けたシーンは終わっている。もし本当に母親が落下してエスカレーターに巻き込まれて死んだのだったら、普通は彼女が下に落ちて行くところまで映すだろう。

そしてスタンバイしているのは3人の従業員だけではなかった。エスカレーターの下で、不自然にもスタンバイしている奴が、もう1人居た。(下の写真 赤い矢印の女)。



あまりにも不自然な事から、ヤラセの猿芝居劇に間違いないだろう。目的?爬虫類組織は、いつでも、どこの国でも、ニュースという嘘情報により、人々の恐怖を煽るのが仕事なのさ。恐怖に戦く人々はコントロールされやすいので、爬虫類組織には都合が良い。

撮影現場は中国の湖南省という事になっているが、実際にはハリウッド近くのショッピングモール、またはユニバーサルスタジオなどで、中国人のスタッフを使って撮影した可能性も高い。カルフォルニアにはワンサカ中国人達が住んでいるからだ。

4 comments:

  1. 精神科と人工知能を作れる科学技術者が裏で繋がってる真実を暴露しました
    http://blogs.yahoo.co.jp/kujira15gou/55649207.html
    どうかみなさま応援と世界中に
    拡散をお願いします

    ReplyDelete
  2. 今↓の時代に欠かせない用語です


    対報道免疫力(英語の公称:Media-literacies/英語の略称:ML/参考URL→http://en.wikipedia.org/wiki/Media_Literacy)

    危機役担当俳優(英語の公蔑称:Crisis Actors/英語の略蔑称:CA/参考URL→http://rationalwiki.org/wiki/Crisis_actor)

    自作自演(日本語の第2公蔑称:偽旗/日本語の第3公蔑称:黒旗/英語の第1公蔑称:False-flags/英語の第2公蔑称:Black-flags/英語の第1略蔑称:FF/英語の第2略蔑称:BF/参考URL→http://en.wikipedia.org/wiki/False_flags)

    ReplyDelete
  3. akyさん、「対報道免疫力」いいですね!
    もっと鍛えて、磨かなくてはいけませんね!
    このためにまず、キーワードは「危機役担当俳優」と「自作自演」ていうことを念頭に置くべきですよね。

    ReplyDelete
  4. 草木さんへ

    おはっす

    その通りです

    ReplyDelete