Thursday, July 30, 2015

グリーンランドの氷の下の米陸軍原子力軍事基地 キャンプ・センチュリー

米国陸軍は1963年、このグリーンランドの氷しかない平野の厚い氷の下を掘り、氷の下に軍事基地を作った。その基地には300人近い軍人達が働いていた。その基地には小規模の原子力発電所があり、すべての電力を担っていた。この基地はグリーンランドのチューレから150マイル(241Km)東にある。

グリーンランドのチューレには、米軍空軍基地がある。そして、強力なレーダーが並ぶHAARPの施設もある。




チューレには人工的なピラミッド型の山もある。是非、はやし浩司さんにエイリアン・ラインをつけてもらいたいです。(笑)

キャンプ・センチュリーはグリーンランドのチューレから150マイル(241Km)東にある

氷の上を走る軍事用車

チューレから建築用資材を乗せたコンボーイ時速3kmで軍事基地まで3日かかるそうだ。

基地に移動中の爬虫類人達の食事。やはり、肉中心だ。人肉が入っていない事を望む。

移動中のトレーラーの中での睡眠。狭い簡易ベッドだ。半袖T-シャツや裸で寝ているという事は、中はかなり暖かいという事だ。

300人近い軍隊や調査団を収容する大規模氷の下の軍事地下基地だ


建物は全部プレハブで1日で組み立てられる。背の高い軍人が多いのに、天井が低すぎないだろうか?

床屋さんもちゃんとある

氷を削って原子炉建屋を地下に造る

かなり深く氷を掘ることができた。ここが原子炉建屋と建てる所。

建物は鉄骨で造る。労働者は高い鉄骨に登り危険な作業をする。爬虫類人の軍人は命知らずだ。

使用する水の井戸も掘れた

ここは万が一の非常口。地下基地の何箇所かに非常口がある。

原子炉のスティーマーが届いた

これが原子炉の燃料が入る建物だ

原子炉の燃料棒を素手で取り出す。この燃料棒にはウラニウム235500グラム入っている。被爆はしないのだろうか?

素手で包装紙から取り出す。作業している人は、まったく危険性がない様に扱っている。爬虫類人達は、放射能に対して免疫でもあるのだろうか?

作業者は放射能に対する防護服も、まったく着ていない

燃料棒をきれいにフキンで拭く

燃料棒を手で持っている鉄の棒で燃料保管場所の3メートルの深さの水に沈めるすべて手作業だ。


そして燃料棒を、持っている鉄の棒で核リアクターに移した。するとニュートロンが増え始め温度が上がり始めた。そして発電に成功した。


そしてキャンプ・センチュリーは近代的な氷の下の地下基地になった。

シャワーと洗面所も完備し

礼拝堂に牧師も居り

近代的な広いキッチンで300人分の食事を用意し

食事もそんなに悪くはない

狭いがカフェテリアもある

窓はないが心地よく住める部屋がある

 

しかし、ほとんど素手でT-シャツのラフな格好で、核燃料棒の出し入れを手作業で行っているというのはすごいな。普通は何万シーベルトもの放射能被爆で即死という感じだが、作業員は平気で作業していたね。燃料棒って素手で触っても死なないものなのだろうか?それを考えると、福島原発の放射能汚染って大げさなのかな?とも考えてしまう。

なぜ米軍が世界中に軍事基地を建てられるのか?それは、米軍はアメリカの軍隊ではなく、世界の王族貴族のイルミナティの軍隊だからだ。つまり、米軍とNATO軍とはあまり変わりはないという事だ。米軍は米国にいる人々が所属する軍隊だが、世界中に基地があり、世界中で人殺しと略奪強盗をしている。NATOは世界各国からなる軍隊で、世界中で人殺しと略奪強盗できる。

米国陸軍の建設部隊のアーミー・コープのロゴを見れば分かるが、世界の王族貴族のイルミナティの城がロゴになっている。アーミー・コープは主に軍事施設の建設をしているが、米国の高速道路網や橋、ダムなども彼らが手がけている。つまり、高速道路網や橋、ダムも軍事施設という事だ。



14 comments:

  1. 米国陸軍の軍人さんは爬虫類人だから被爆しないのでしょうか ?
    不思議ですね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. レプティリアン達は、ある程度、放射能に対する免疫力がある模様です。彼等のホームプラネットは放射能に汚染されている場所なのでしょう。

      Delete
  2. 出たー!
    はやし浩司さんのエイリアンライン!
    あれは面白いですよね。
    最初の英語での自己紹介も笑えますけど。
    爬虫類人は皮膚が厚いので、放射能に強いのでしょうか(笑)?

    ReplyDelete
  3. 福島で米国軍人が被曝したとニュースがありましたが、嘘なんかな?お金ちょーだいね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 自分達で福島を海中原爆で津波アタックしておきながら慰謝料頂戴?

      津波が来る前から、あそこでスタンバイしていたんだよ。福島の被害を見るために。既に食料物資を「ともだち作戦」のために載せていて、津波がうまく行った後、救難活動をするふりをして被害を観察。

      爬虫類人達が福島津波アタックを示唆する映画もあったよ。ビッグウェイブだったかな?爬虫類人達の海底基地から巨大な地雷を発射する。最初のターゲットは仙台。2発目は福島。その映画のセリフ「人々を津波で虐殺するのか?」「そうだ、虐殺するという事は偉大な事だ。誇りに思え」みたいな感じ。

      Delete
  4. やっぱ爬虫類ってキチガイよねー。

    ReplyDelete
  5. (以前 ハワイで出たステーキのことでコメントした者ですが)

    爬虫類人の食す肉というのは、人肉の場合、
    分厚い草履のような形で調理されるのでしょうか。

    ハワイの分厚いステーキは、私は、ほとんど食べなかった。

    肉好きな私の子供も半分弱 残したと思います。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 人肉ステーキってどんな形だか知りませんが、爬虫類人達は、よく生で人間を食べる様です。人間の刺身バージョンみたいな感じ。生で切り刻んで人間を食べているYoutubeビデオがありましたよ。もう消されてしまいましたが。食卓に人間の体が乗っかっていて、生で食べている画像もありました。お皿の上は血だらけでしたけど。彼等にとっては、人間の血は大好物みたいです。私自身は、牛のレバーの血の味は大の苦手でしたけど。

      Delete
    2. 血を飲んだら体臭が臭くないんかな〜?高山長房はキモ臭いみたですが。

      Delete
  6. なんか、聞こえてきそう。心の声。

    「あ~あ今日も疲れた。て・・たまには人肉食いたいな~。
    生き血をのみたいなあ」

    それにしても、本当にくつろいでいますが。
    やっぱり、地下は超快適なお住まいなのね。

    ReplyDelete
  7. >燃料棒って素手で触っても死なないものなのだろうか?それを考えると、福島原発の放射能汚染って大げさなのかな?とも考えてしまう。

    私も大げさのような気がするのですが、飯山一郎氏は福島原発から放出された放射能が日本中のみならず、中国や韓国、はたまたロシア極東部沿岸にまで拡散しており、すでに手遅れでもうどうにもならず、早ければ今年の年末あたりから死亡者が続々と出始めると言ってました。
    放射線ってそんなに遠くまで飛散するのだろうかという疑問が残りますね。

    ReplyDelete
  8. 軍隊=R2派の死兵

    此方の記事↓に載せましたが"SEALDS"という"学生主導の抗議運動の主催法人"は"米帝R2派の偽猶太米帝暴力海軍の特戦暴力部隊の一部たる米帝R2派の偽猶太米帝海軍SEALs暴力支隊"と完全一致の対日偽装民主化詐欺暴力班で間違いないです

    夏季抗議運動検証(ameblo)→http://ameblo.jp/colgen/entry-12049682103.html

    ReplyDelete

  9. こんな普段着みたいな格好で大丈夫なんですか?ね…。
    上⇧画像 拡大して見てみたら ほぼ皆レプちゃんです…大勢でカフェに居る画像に スキンヘッドの怪しい人?発見しました(笑)。あとは、食事中の男性2人 フォーク持つ指が異様に長い(笑)。。。
    etc...
    TVをたまに見る時、自然と おデコと首筋 手と、やはり目を注目するようになりました。。。よ〜く見ると 分かるようになってきました、可愛いなって思ってもう一度見ると 大した事ない時等は ホログラムがズレて一瞬目が大きくなって 又戻っているんじゃないか?って、動画だと 目がキラキラしてるように見えるような…。(笑)

    ReplyDelete