Thursday, May 28, 2015

河口湖 浮島六角堂 それは子供達が爬虫類エイリアン達に生贄として捧げられた場所




船でしか行けない場所。そこに生贄となる子供達を閉じ込め、人食い爬虫類エイリアン達に捧げた場所。それが河口湖、浮島六角堂だ。

爬虫類エイリアン達は、古代から彼等の持つ気象兵器やら地震兵器などを用い、地球に災害の嵐を巻き起こし「災害を鎮めてほしいなら、お前らの子供達をよこせ!」とゆすり続けてきた。爬虫類エイリアンとのハイブリッドの爬虫類人達は、人間達から子供達を誘拐し、爬虫類エイリアン達と共に人肉を貪った。そのお祝いがカーニバル(謝肉祭)であり、日本では一般的に「お祭り」と言われてきたものだ。爬虫類人達は人肉を貪りながら「飲めや歌えや」と楽しんだ。

なぜ河口湖の水位が急に下がったのか?それは多分、富士河口湖周辺にある爬虫類人達が日本版Jade Helmに備えて、湖から彼等の基地の地下貯水池に水を引いたからだ。そう、現在多くの爬虫類犯罪者達は地下に潜っている。

川や湖の水があっと言う間に無くなったという事例は、世界中あちらこちらにある。特に2011年以降、そういった事例が多くなったそうだ。つまり爬虫類人達が光の銀河連邦からの一掃を恐れ、彼等の秘密地下基地に潜り始めた年でもある。

中国でも2011年以降、28000もの川が急に無くなったそうだ。もちろん中国にも爬虫類人達は多い。日本と同様に、彼等の秘密地下基地が多く存在する。彼等の秘密地下基地には巨大な貯水池があり、そこにありったけの水を溜め込んだのだ。

下のビデオは、オレゴン州マウント・フッドにある湖の爬虫類人秘密地下基地に水を送る穴。自然にできた様に見えるが、実際には爬虫類組織が湖から水を取るために作った穴だ。春先には雪解け水でいっぱいになるのに、なぜか夏には水が無くなるという。マウント・フッドはポートランドという大都市から程近い場所であり、スキーリゾートなどもある。前にも述べたが、リゾートがある場所には爬虫類人秘密地下基地が必ずある。人間達があくせく働いている間、爬虫類人達はリゾートの高級ホテルやレストランで人生を楽しんでいるのだ。



2 comments:

  1. 河口湖もよくドライブやらデートコースでオススメらしくて若い頃に
    二回ほど連れて行って貰った事があります。

    初めて行った時に河口湖のロープウェイ駅の所で
    「ゾク」っと嫌な感覚が走ったことは忘れられません。
    結局乗らずに帰りました。

    ロープウェイで登った先は公園らしいけど
    その昔はそこでも人肉処だったのかもしれませんね。

    ReplyDelete
  2. このインタビューの女の人八重歯すごい

    ReplyDelete