Thursday, May 7, 2015

ネバダ州レプティリアン海軍基地で内戦?



赤丸の所がネバダ州Fallonにあるレプティリアン海軍基地。この周辺で急に嵐が出現したという情報だ。しかし天気情報では、その近辺は快晴だった。

別のレーダー映像で見ると、いつもの様にレプティリアン海軍基地からスカラー兵器が放射されていた。

そしてレプティリアン海軍基地からレーザー兵器が発射された。

その直後に、ドッカ~ン!爆風が立ち上った。ここはハイウェイ沿いで、海軍演習所では無い。

熱い爆風が立ち上っていくのが見える。

光の銀河連邦が爬虫類軍の地下基地を破壊した結果なのか?それともレプティリアン海軍基地がスペースシップめがけて爆弾でも落としたのか?

ネバダ州では、震源の深さが0kmの地震も(黄色の線のところ)。震源の深さが0という事は、地表が震源という事だ。こんな地震はありえない。つまり地表で爆発か何かが起こり、振動したという事だ。そう、秘密裏に地表を揺るがす兵器が使われたという事だ

赤い所が震源の深さが0kmの地震が起きた場所。砂漠のど真ん中だが、清水が沸いている場所でもあり、爬虫類人達の秘密地下施設でもあるのだろう。


また、上のUSGSの地震情報を見ると、オクラホマとテキサスの地震も5.0 kmと同じ震源の深さであり、爬虫類人達の地下基地が地下5.0 kmの辺りで、相互にトンネルで繋がっている可能性を示唆している。オクラホマの名前はヘブライ語に訳すと「俺達が一番、他の奴等はくたばっちまえ!」という意味らしい。つまりオクラホマはユダヤ爬虫類人達の州と言っていい。

そして震源の深さが1.8 kmの地震が起きたデザート・ホットスプリングスの辺りにも、巨大な爬虫類軍事基地が存在する。多分、軍事関係で起こった地震に間違いないだろう。

すべてのネパールの地震の震源は丁度10 kmであり、10 kmの深さの爬虫類人秘密地下基地が点在し、光の銀河連邦に一掃された事が分かる。


5 comments:

  1. 会社に行くのが苦痛です。
    波動を上げて5次元に行きたいですね。

    ReplyDelete
  2. 日本のレプ系の企業は5月11日臨時休業するようです。会社から自宅待機をする様にと連絡が入ったとのこと。
    まさに、911、311を彷彿させます。

    ReplyDelete
  3. うちの会社は5月11日は、すごく忙しいです。
    大手が休業なのかしら?

    ReplyDelete
  4. >日本のレプ系の企業は5月11日臨時休業するようです。会社から自宅待機をする様にと
    >連絡が入ったとのこと。

    マジですか?

    ReplyDelete

  5. 何だか嫌な感じがします。。。
    明日仕事入ってたのですが、連休あと2日消化したいと思って なんの気なしに11日休むことにしたら、結構5.11の情報流れていて。。。
    色々な方の推理に 驚きと納得してしまってる感じです…

    とにかく 皆さん 水を沢山汲んでおきましょう。。。
    以前読んだ3.11体験された方の記事に 飲み水は最低3日分。。。それよりもトイレで流す用に汲んでおくと 精神的にやられないで済むそうです…日本人は潔癖だから 耐えられないと。。。
    18:00過ぎ 震度2がきたみたいです…
    その他 震度1が2回…。
    祈るより他ないですね(._.)。。。

    ReplyDelete