Friday, May 1, 2015

ウオルマート 人食いレプティリアンのシークレット地下トンネル 


米国にあるすべてのウオルマートの男性用と女性用のトイレの間には、行方不明になった子供達の写真が飾られている。なぜウオルマートは行方不明になった子供達の写真をトイレの前に飾るのか?その答えは簡単だ。ウオルマート自体が人食いレプティリアン組織によって経営されているからだ。

そう、人食いレプティリアン達はウオルマート地下にある秘密地下トンネルを使い、誘拐して来た子供達を、彼等の秘密地下基地にある檻に移送したのだった。そしてその子供達はレプティリアン達に生きたまま食べられてしまったか、血を抜かれた後、ミートロッカーで逆さまに吊るされたまま保存されたかのどちらかだ。

これらの人食いレプティリアンの組織はホームランド・セキュリティー、FEMA、そしてチャイルド・プロテクション・サービス(児童相談所)などが含まれている。日本の児童相談所も2000年度あたりから、難癖付けて、多くの家族から子供達を拉致しているという。もちろん拉致された子供達は、レプティリアン達の餌になる事になる。

そう、ウオルマートには「ミッドナイト・ミート・トレイン」なるものが存在し、深夜、爬虫類特別軍隊に誘拐された子供達を乗せて、爬虫類人秘密地下基地へと出発する。

車掌「只今、ウオルマート駅を出発しました。終着駅はホームランド・セキュリティー秘密地下基地 ミートロッカー!」


映画「ミッドナイト・ミート・トレイン」グロ注意!


6 comments:

  1. 日本の西友も、怪しい地下組織があるかもしれませんネ〜(´・_・`)
    イオンやイトーヨーカ堂もグルかもしれませんが…~_~;
    デカイ組織になるという事は、怪しい事に手を染めないとなれないのかも…(´・_・`)

    ReplyDelete
    Replies
    1. 大手スーパーは最初っから爬虫類組織が作ったものと考えた方がシンプルでしょう。大手スーパーは、多くの食品、必要必需品があるので、地震や津波の際に、爬虫類人エリート達が秘密地下基地で生き残るのに必要な物が揃っている。そう、大手スーパーは最初っから秘密地下トンネルと繋がっている様に設計されており、非常の際にはスーパーの食料品が地下基地に非難している爬虫類人達の胃袋を満たす様に計画されていると考えた方がいいだろう。

      ウオルマートも含めて、大手スーパーは要塞の様に頑丈に造られており、建物の内外にセキュリティーカメラが数多くある。そう、爬虫類組織の食料庫を兼ねた要塞と言っていい。

      Delete
    2. そのために、我々の税金が搾取されているのかと思うと、腹立たしいものを感じますネ〜~_~;
      とても、参考になりました

      Delete
  2. それから皆様へ、この動画、極めて凄い話です。
    配信元がアカウント削除されたものですが、
    私が日本語字幕版を制作しようとし、ダウンロードして
    おいたものです。

    内容が危険な内容だけに、(期間)限定公開します。
    レプリアルさんのブログ読者の方は、各自パソコンに
    ダウンロードしておいて下さい。


    メリンダはシアトルの魔女
    https://youtu.be/EH05n2tHgPY

    サイエントロジー(子供への拷問)
    https://youtu.be/n0kBf1e1usE

    ReplyDelete
  3. ディズニーランドにまつわる都市伝説というユーチューブのムービーを見ると、誘拐に対するマニュアルが徹底されているようです。親が行方不明をスタッフに報告すると、かなり迅速に対応する状況みたいです。誘拐が頻発しているから、行動が素早いという解釈でした。
    末端のスタッフには、一応、誘拐されないように教育されているようですね。もちろん、頂点の人間は誘拐を是認し、一味とグルという立場でしょうが。

    ReplyDelete
    Replies
    1. ディズニーランドでは、多くの子供達が行方不明になっているとの記事が幾つか出ています。米国ディズニーランドでは、米国の法律が適用されず、警察も手が出せないそうです。ディズニーランド内では、彼ら独自の警察らしきものがあり、彼等が誘拐拉致をしている可能性が大。とにかく子供達が集まる公園、動物園、遊園地などには、獲物を狙っているレプティリアン達が子供達を誘拐するチャンスを狙っているという事を忘れてはいけませんね。

      Delete